アメリカでも車を運転したい「ドライビングライセンス」のこと

アメリカでも車を運転したい「ドライビングライセンス」のこと

アメリカの大都市に住んでいれば、電車やバスなどを使って移動することができるのですが、会社が少し遠かったりすれば移動手段がなくなってしまいます。アメリカは車社会でもありますので、ほとんどの方が自家用車を持っていて、自分で運転して通勤するケースになっているのです。


そうしたとき、自分もアメリカで車を使いたいとなると、アメリカでのドライビングライセンスを取得する必要が出てきます。


まず、アメリカでは日本で運転免許を取得するときのように教習所に通わなくてはならないことはないのです。


日本で運転免許証を取得している方であれば、アメリカで用いられている交通ルールをきちんと覚えて、直接運転免許の試験場に行って試験を受けても大丈夫です。


試験内容は、日本と同じく筆記と実技がありますが、筆記はまずは過去問題を参考にして覚えておけば特に問題はないでしょう。そして実技に関しても、日本での仮免の状態と同じようにアメリカの免許を持っている方と一緒に練習をすれば問題なく合格できるはずです。


筆記試験をパスしていて、その後実技試験になるのですが、実技が不合格になってしまっても、三回まで受けられます。


また、日本で運転免許証を取得しておらずにアメリカで初めて取得する方の場合には、現地のドライビングスクールに通って練習をすることも可能です。

そこで練習を積んで、きちんとドライビングテクニックを身につけることが出来たら、その後実際に試験を受けることが出来ます。