アメリカ企業に転職するなら健康保険・ベネフィット事情

アメリカ企業に転職するなら健康保険・ベネフィット事情

アメリカで就職するなどの場合、医療に関しては「国民皆保険制度」がないということをまず念頭においておいてください。



日本では会社が福利厚生としてかけている社会保険や、個人で加入している国民健康保険などで、怪我や病気で病院にかかった際の負担を軽減するのが普通です。

しかし、アメリカでは医療保険に加入するかしないかは当人の自由で、リスクの管理は自己責任という形です。

ですが、万が一の際を考えると、加入しておかないと高額な医療費がかかる場合もあります。



何故ならアメリカでは日本のようにどの病院にかかっても同じ医療費という訳ではなく、同じ病気だったとしても病院ごとに請求額が異なる場合もあるからです。



就業している場合はベネフィットという形で勤め先の会社が健康保険を用意してくれている場合もありますが、全員一律の保険というのではなく、加入できるプランや付加可能なオプションが数多くあり、その組み合わせについても自分で選ばなければなりません。

また、アメリカでは主治医を決めることが多く、保険もそれに沿っていることが多いです。

事前に決めた主治医と、そのネットワークに参加している医師にのみ適用される「保険維持組織」や、主治医の参加しているネットワーク以外の医師にでも適用される「優先医療給付機構」などの違いがこれに当たります。

これだけ見ると「優先医療給付機構」の方がよく見えますが、自由度が高い分、被保険者の自己負担額が高い傾向にあります。

アメリカの健康保険制度は日本と比べるとかなり複雑ですので、しっかり調べた上で加入する必要があります。