アメリカ企業に就職するなら身につけておきたいロジカルシンキング

アメリカ企業に就職するなら身につけておきたいロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは理にかなった考え方、説明の仕方のことです。移民が多いアメリカで相手を説得するために発達した思考の仕方で、ビジネスの場でコミュニケーションをとるときに非常に役に立つ考え方です。


アメリカでは必須の技能と言っていいでしょう。アメリカに限らず、日本でもロジカルシンキングセミナーというものが開かれています。

ロジカルシンキングにおいて一番大切なことは前提条件を確認することです。複雑な現代社会において前提条件からして使えないという場面に遭遇することは非常に多いです。


また、経験や勘といったロジカルでない部分で得た答えを容認することも大切です。ロジカルシンキングは非常に便利な方法ですが、絶対無敵の思考の仕方ではありません。いわゆるできる人はこのことを理解していて論理的思考を行いますが、できない人はそのことを理解せずに論理的思考を無理やりあてはめ、おかしな解を導き出してしまうのです。


また、論理的思考は絶対に正しいと思い込んでいるために、自分のミスにも気づきません。

間違った使い方をすると非常に怖い論理的思考ですが、使い方を間違えなければ非常に有効な思考の仕方であることは間違いありません。ビジネスの場では曖昧な勘や経験といったものではなく確実な証拠や事実に基づいた考え方が必要とされます。そうしないと確実に利益を上げることができないからです。できる人は皆この論理的思考を身に着け、実践しています。