知らないとリスク!アメリカで就職・生活するメリットとデメリット

知らないとリスク!アメリカで就職・生活するメリットとデメリット

アメリカで生活を始めるには、メリットとデメリットを理解する事が大切です。

生まれつき国内で生活する日本人は、周囲に日本語を話す人しかいないので、言葉の壁が想像よりも大きいデメリットになります。

しかし、アメリカは比較的寛大な国なので、積極的なコミュニケーションの姿勢を見せれば受け入れられる点がメリットです。

多少の訛りやリスニングの問題は、会話の積極性を持たない事に比べれば、ごく小さな問題点に過ぎません。



アメリカで仕事を行い、収入を得て生活する場合に言葉は欠かせませんが、諦めずに続ければ環境に馴染む事が出来ます。

一方のビジネスの場面では、日常会話以上の会話力は必要になります。

専門性が高い分野でのビジネスは、専門用語を交えた会話に加えて、交渉力といった能力を発揮する事が求められます。



一般生活で学べる会話力は、アメリカで過ごす自信に繋がりますが、それ以上に能力を高めたい時は積極的な学習を行う事が不可欠です。

アメリカで過ごすメリットは、日常会話程度の英語が自然と身に付く事、デメリットは習得した語学レベルによって得られる収入に差が発生する点です。

また、高額収入の仕事を目指す場合は、周囲のサポートが得られない事がデメリットになる場合があります。

ただ、アメリカは能力を見て雇用を行うので、技術の知識量や経験、そして過去の成果が大きい程収入に繋がる可能性は高まります。

日本国内での成果も、採用担当者の目に留まればメリットに変わるので、積極的にアピール出来る人であれば前向きに挑戦するだけの価値はあります。