現地採用転職では就労ビザの取得は難しい?

現地採用転職では就労ビザの取得は難しい?

アメリカで仕事をするとなると、観光などとは違いますからきちんと就労ビザを取得する必要があります。この、就労ビザの取得は最近では非常に難しくなっている傾向にあるのです。

たとえば、日本で仕事をしている方がアメリカの営業所や、グループ会社などに駐在員という立場でアメリカに赴くのであればきちんと日本の企業が就労ビザの面倒を見てくれますから特に問題になることはありません。

ただし、ごくごく普通に日本で仕事していて、新たにアメリカで就職をしたい現地採用を望んでいる場合には就労ビザの取得は結構難しいのです。


大学生の頃にアメリカに留学していて、きちんとアメリカの大学を卒業した場合には、卒業してからすぐに新卒でアメリカの企業に就職すれば特に問題はないのですが、一度日本に帰ってしまうとまた改めてビザを取得するのが結構難しかったりもするのです。

そのため、せっかくアメリカの大学を卒業した場合には、今後もアメリカで働きたいプランを考えているのであれば、大学や大学院を卒業した後にプラクティカルトレーニングを使ってまずはHビザを取得します。

そうしますとその後アメリカで就職するにあたっての就労ビザ取得には大きな障害はないのです。


アメリカの就労ビザを取得するには、大学や大学院などでどのようなことを学んできたのか、何を専攻してきたのかということが非常に大きなカギになります。

そのため、目指す仕事に合わせた専門知識を学ぶことができる学校に留学した上で、その後アメリカで就職する流れがいちばん安心です。